AD | all

24時間Illustrator「愛(Ai)はクリエイティブを救う」

育児参加させろ!

悠澄が退院してから、一旦戻っていた義母が再び来てくれた。ただでも狭 い我家(1LK)に、大人3人赤ん坊1人の生活が始まった。しかも、この生 活の中心点は、高々身長50cmの息子である。

常に3人が寄ってたかって世話をする訳にもいかない。つまはじきにされ たのは私である。義母に怒られるのを覚悟で白状すると、義母の居てくれ た10日間は、私は殆ど息子に触(さわ)れもしないで、不満一杯だった。 何度、「俺の子だぞ!」と心の中で叫んだことか。

しかし、もちろん感謝している。出産がどれほど大変かは実感はないが、 想像はできる。何と言っても、10ヶ月間も御腹の中で育て、それを数時 間で出すのである。体調が不安定になるのは道理というものだ。昔は「1 週間は台所に立たせない」とも言われた。そんな妻を手ばかりかかる赤ん 坊と家に閉じ込めておく訳にはいかない。感謝してるからこそ、じっと耐 えた。う~ん、触りたい。