AD | all

24時間Illustrator「愛(Ai)はクリエイティブを救う」

無残、iPod touch 5th 凹。

ついにやってしまった。今までも何度も落としてきたけれど、初めてコンクリートの上にガチャン。落とした瞬間に結果が想定できた感じ。Matrixみたいには動けない…。

予感・予兆

少し前から、旧機(第4世代)を引っ張りだしていじっていた。Wacomタブレットの使用頻度が上がってきたのだけれど、どうしてもキーボードが必要。傍において使うんだけれど、どうも体をねじってキーを打つのが苦痛で、あれこれ考えていた。で、Remote MouseというかMobile Mouse。iPod touchをキーボード代わりに使って、さらにそいつをWacomタブレットにくっつけるという目論見。それ自体は上手く行っていて、結構気に入っていた。下記の2つを未だ併用中。基本的にはショートカットを押すためのもので、さすがに文章は通常キーボードを使うというシーン想定。

そしてもう一つ。初の(擬似?)Android機の導入。浮気だ。でもKindle Fire HDX 8.9 だから…と思ったけれど。Apple系は浮気すると妬まれる、と。

対処

まとめると、下記の順番:

  1. 落として割る
  2. ガラスの破片が心配だったので、普通のセロハンテープで応急処置+一応動くことを確認
  3. ネットで修理屋さんを検索
  4. iPhoneの修理はままあるんだけれど、iPod touchの修理をやってくれるところは少ない模様。
  5. 落とした日は、横浜ヨドバシの傍まで行くので、店員さんに相談
  6. カメラのキタムラとAppleカスタマーサポートを紹介される
  7. カメラのキタムラに行く…が、長蛇の列で断念(どちらにしてもデータバックアップの必要があったので、当日渡してくることはできなかったが)。店員さんもお疲れのようで、Appleカスタマサポートを暗に薦めている感あり。マージンを取るとはいえ、薄利なんだろうな。
  8. 翌日は無残な姿を眺めつつ、あれこれ考えてバックアップを取る。しかし、その前にアプリの整理をせねば…約600アプリが入っているUX検証機でもあるので。はぁ。
  9. Appleカスタマサポート( 0120−277−535 )に電話。案内に従って、touch担当者と話す。「ガラスを割ってしまって…」「えー、お怪我はなかったですか?」。おー凄い対応だ。感動したけれど、よくよく考えたら、あのガラス面が割れるほどの力が肉体にもかかっていたら、多分電話できる状態ではない気がする。でも気遣いは嬉しい。
  10. シリアル番号とメール・電話番号を伝え、見積概算を聞く。基本的にはこれ( Apple - サポート - 修理サービス Q&A センター )。そして受取の日程調整。Appleに電話した翌日朝が最短で予約できるとのこと(時間によるのかも?)。郵便番号を伝えると、クロネコさん用のデータをその場で作っている感じ。
  11. ここで受け取ったのは2つの番号、受付番号と伝票番号。電話を切った後すぐに、受け付けましたメール、そしてちょっとしたらバックアップの取り方案内メール( 中身はこれ→iOS:コンテンツのバックアップと復元方法 )が届く。
  12. バックアップはさすがに時間がかかった。ちょっと入れ過ぎを反省。そしてデータが残っている可能性はないと聞いていたので、初期化。
  13. 方法は、クロネコヤマトさんが取りに来てくれて、修理(交換)したものを運んできてくれる、というもの。こちらは、何も書類を書かないし、バックアップした壊れたtouchを裸で渡すだけ
  14. で、いつものクロネコのお兄ちゃん登場。壊れたtouchを一目見て、「あちゃ〜」と後は言葉を飲み込んでた。気分はいじめっ子か犯罪者…。申し訳ない。
  15. 待つこと二日。水曜午後に電話して、翌日木曜午前中に引き取られて行って、金曜午後には発送しましたメールが届く。驚き。でも、ホントに見たのかよ?、とも思うw。
  16. 待ち遠しい土曜日朝。いつものクロネコ兄さん到着。箱を手渡してくれながら、「いや〜早かったですね!」。いや、それ私のセリフだし。先に言うなよ、おいw。ホント、社内便かよw。で、料金支払い、1,1800円。早くて、手間いらず。あんまりにも簡潔。いや、ありがたいけれど。
  17. 開封、といっても簡易な紙製の白い箱に新品が入っている感じ。お手紙的なのは、今回は不具合があって申し訳ありません的なものが2枚。いやいや、落としたのは私で、Appleは何も悪くないしw。やっぱり何も見てないなw。
  18. 次は、魂を入れる作業:
    • バックアップから入れようと思ったけれど、この機会を活かさなければ、内包アプリが減らないと思ってクリーンインストール(あのバックアップ作業が無駄だった…)。
    • 入れるアプリは、購入済みからポチポチやるだけ。まぁ使うなと思うもの、結局100程度。
    • 整理したら、何とかスッキリ3画面、残り18GB。貧乏性で本で買えなかった地図が捨てられないのが遠因かな。
    • 得したのは「iWork系」。GarageBandは購入済みだったけれど、それ以外は無料でゲット。ちなみに夜中に実験してたのは、一回使っていたのをリセットして、再アクティベートしたら無料でiWork系ゲットできるか問題。さすがにシリアルで記録が残っているのか、その時点では有料でした。Appleはそこまで抜けていませんよ、と。
  19. ガラス面が思いの外ツルツルで、少し神々しいw
  20. おっと、未だ有りました:
    • OnLineアンケートのお願いメールが来ました→数分で済むものだけど、ブランディングを大事にしていると言いつつ、アンケートの下の方に広告がチラついてて苦笑。
    • そして郵送で領収書も届きます(クロネコさんので兼用できてもいいのに…)

所感

いない期間編:喪失感なう

初期化の最後のタップで、何だか切なさを感じる。魂を見送る感じ。ボディーは未だあるのにね。クラウドから切り離されることが死を意味するんだとか夢想しつつ。

愛着ってなんだろうな、とも思う。今までのPDA(死語?)の中でも一番身近においた機体だった。移動中も、デスクでも、寝るときも、風呂に入る時も。それが傷つき初期化されるプロセスってやはり色々と考える。

次に会うときは、別の個体なんだろうなぁ。ありがとう、今まで。いっぱい助けてもらった。そして、ごめんね、落としてしまって。

戻ってから編:一人でスリスリしてニンマリしているなう

いや、嬉しいです。体の一部が戻ってきた感じ。これからも愛機であり続けるなぁ、きっと。